男の人

事業譲渡の流れとトラブルを回避する方法を紹介

店舗

困った時はサポートを利用

飲食店を経営する際に売上が伸びずに困っている時は、まずできる対策を検討し、実施することが大切です。対策に限界を感じたのであれば、コンサルティングの活用をおすすめします。開業前の段階や既に営業している段階など、様々な場面でコンサルティングを利用可能です。

紙幣

開業までの手順

開業届を出せば、いつでも店舗を営業させる事が出来ます。それまでに必要なのは、物件探しや内装工事などではないでしょうか。開業する際には、人通りなども重視して物件を見つけるようにします。

治療

手続きはコンサルタントに

整骨院を開業するためには柔道整復師の存在が必要不可欠ですが、自身が資格を所有していなくても、資格を持っている方を雇えば大丈夫です。そして、開業には色々な手続きが必要となりますが、それらはコンサルタントを雇えば、やってもらえるため簡単に整骨院を始められます。

手続きと流れ

握手

手続きの完了まで

事業譲渡の期日が決まっている場合の日程としては、まず最初に、取締役会の決議を行います。そこで事業譲渡承認や株主総会開催なども話し合われます。その次は、事業譲渡契約書の締結をします。事業授受などの行為を行う場合には、公正取引委員会へ事業授受け届出書を提出して、その受理された日から30日を経過するまでは届出の効力が発生しません。ちなみに、合併と同様に、親子会社間もしくは兄弟会社間の事業の譲り受けについては、届出義務が免除されています。公正取引委員会の届出義務がない場合は、事業譲渡契約締結後、株主総会の承認を得れば、事業譲渡期日を迎えることが可能です。契約書の締結が済むと、基準日または名簿閉鎖公告を行います。基準日の公告は、基準日の2週間前までに行う必要があります。また基準日から3ヶ月以内に、株主総会を開催しなければなりません。基準日の公告の後に、公正取引委員会より届出書受理書の交付が行われます。交付が済むと、株主総会招集通知を発送をします。株主総会招集通知は、総会の2週間前までに発送する決まりになっています。その後、定時ないしは臨時の株主総会を開催します。総会での議案に反対の株主は、株主総会の日から20日以内に株式買取請求を行う必要があります。その後、事業譲渡期日きたら、公正取引委員会へ完了報告書を提出して終了となります。事業譲渡の手続きを完了するには、各法定日数をクリアすることが必要なので、2ヶ月から3ヶ月程度の日数が必要になります。