ウーマン

事業譲渡の流れとトラブルを回避する方法を紹介

開業までの手順

紙幣

店舗開業には様々な手続きなどが必要というイメージがありますが、実はそれほど困難なことではありません。特に個人事業として店舗開業をするのであれば、開業届を税務署に提出するだけで完了します。開業届というと難しそうですが、実際には名前や住所、事業内容などを記入するだけなので5分程度で書くことが出来ます。手続きとしては以上で完了です。手続きではなく、店舗の準備などにはどのようなことが必要になるのでしょうか。基本的な流れとしては、物件の選定、物件の工事、人材募集などがあります。まずは物件の選定ですが、場所は売上に直結する重要な要素であるため、値段で安易に決めるのではなくしっかりと分析を行いましょう。例えば、どれくらいの人通りがあるのか、その人の年齢は平均して何歳くらいなのか、ということを調べると良いでしょう。次に、物件を決めることが出来たら工事を行います。どのような店舗にしたいのかをしっかりとイメージし、図面に書き出していきます。工事は個人でも行うことが出来ますが、自信がない場合は業者に工事を依頼しましょう。また工事が始まったら、それと並行して人材募集を行います。人材募集の際はどんな仕事が必要であり、それを行うためにはどんな人材がどれだけ必要なのかを考えると、人材選定の参考になります。そして人材が揃い、工事が終わったら実際に店舗開業となります。このように、開業自体は開業届を提出するだけですが、店舗開業までには様々な準備が必要となります。一つ一つ丁寧にこなしていきましょう。